福島県 玉川村で出会う、イロイロなコト。

玉川村で100年、アットホームな宿「ひたちや旅館」

2020.12.22

田舎のおばあちゃんちのような雰囲気で

迎えてくれる「ひたちや旅館」。

 

女将の高原 志乃婦さん、ご主人の史郎さん、若女将の愛美さん

にお話しを伺いました。

-「ひたちや旅館」開業の経緯は

どういったものだったのでしょうか?

 

史郎さん:

1923年(大正12年)に常陸国より玉川の地へ

やってきたそうです。

常陸国から来たということで「ひたちや旅館」という

屋号になったのでしょうね。

 

 

 

-約100年!歴史が長いですね。

どういったお客様が利用されるのですか?

 

史郎さん:

石川街道沿いにあるので、昔は問屋さんが行商の際に

ここを拠点に1~3カ月滞在して県内をまわる方がいました。

富山の薬売りの方なんかもよく来てました。

昔は何件か宿があったのですが、今はうちだけですね。

 

現在は、飛行訓練所の生徒さんや

近くの工場の企業の方にご利用いただいてます。

 

-話には聞いたことがありますが、

行商の方がこちらにも滞在されていたんですね。

特に印象に残ってるお客さんはいますか?

 

愛美さん:

近隣企業のタイからの研修生が自炊をしていたときに、

スパイスの香りや外で食事を楽しむ文化の違いに驚きました。

小さい頃長期滞在していた方からピアノを教わったり、

狩猟に来た方から鴨を頂いたこともありました!

 

 

-アットホームなお宿ならではの関わり方ですね。

-昨年女将さんが倒れてからは、

ご主人の史郎さんと娘の愛美さんが切り盛りしているそうですが、

以前は愛美さんは外で働いていたとか?

 

愛美さん:

以前は考えていなかったのですが、

自分の生まれ育った家と旅館なので、

守っていきたいという気持ちもありますし、

母が楽しんでやっていた姿を目にしていたので、

自分が後を継ごうと決心しました。

 

 

-今後はどのようにやっていきたいですか?

 

小さい旅館なので、

お客様の希望になるべく合わせられるという強みがあります。

その強みを生かして柔軟に対応していくことと、

今後もゲストハウスのようなアットホームな雰囲気を

大事にしていきたいです。

 

 

ホッと出来る居心地の良さと親戚のような距離感が

自慢の『ひたちや旅館』。

 

ゆったり玉川ステイを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 


 

『ひたちや旅館』

 

〒963-6312 

福島県石川郡玉川村小高西屋敷11-3

(あぶくま高原道路・玉川I.C出口から2分)

 

http://hitachi-ya.com/

TEL:0247-57-2046(9:00〜21:00)

FAX:0247-57-2046

 

ご予約はお電話にて。

【一泊2食付き】

大人・お一人様 ¥6,160(税込)

【素泊まり】

大人・お一人様 ¥4,000(税込)
※朝食ご利用の場合、プラス¥660(税込)
※夕食ご利用の場合、プラス¥1,500(税込)

 

※会社関係および長期滞在・スポーツ合宿の方は、

別途お見積いたしますのでお気軽にご相談ください。